るるるキッチンガーデンくらぶ ホーム > 稲刈りとイモ掘り体験、いももちづくりとプロの焼き鳥! 2012年10月第4回るるる♪

稲刈りとイモ掘り体験、いももちづくりとプロの焼き鳥! 2012年10月第4回るるる♪

活動レポート |  2012.10.09

過去最多の88名が参加!

ru41.JPG

2012年6月から始まったるるる♪キッチンガーデンくらぶ。
10月7日、秋の晴天の下、第4回の開催日を迎えました!
今回は、過去最多の88名が札幌、石狩、千歳などから参加してくれました!

場所は石狩市美登位。石狩市役所からは車で20分ほど。
札幌駅からでも車で1時間位で到着です。

ひろーい田んぼで、稲刈り
ru43.JPG
1回目に田植え体験をさせていただいた後藤農園さんの田んぼでスタート

後藤農園のお母さんが、早速稲刈りレクチャー。
鎌の持ち方と刈り方を実演してくれました。
「米という漢字は八十八という字からできているように、米づくりには八十八の手間がかかっていました。今は機械があるからそこまではいかないけれど、こうやって米づくりの苦労を知ってもらえるのはうれしいことですね」とお母さん。
そうやって手間暇かけて作ってくれる人がいるから、私たちはご飯を食べられるんですね。

ru44.JPG
みんなで協力して、どんどん刈ります!
家族ごとに稲を刈って、運んで、積んで...。連携プレーで作業が進んでいきます。
ru45.JPG
切れ味の良い鎌を子どもたちが持っているので、周囲の大人はしっかり安全チェック。
危ないものを遠ざけるだけでなく、気をつけながら体験させています。
ru46.JPG
「早く交代してよ~」「穂を踏まないようにね」
次々に刈られた稲穂が積み上がっていきます。
「もっと稲刈りしたい!」という子も「イモ掘りも楽しいよ」と聞いてとりあえず納得w
ru48.JPG
田んぼの前でみーやんとニッコリ!
ru49.JPG
米粒に興味を持っていた幼稚園児のボク。
「これの皮を取ってお水につけて、炊いたらご飯になるんだよ」と教えてあげたら、ずっと米粒を大事そうに持っていました。
ru411.JPG
予定部分を無事刈り終わって、稲刈り体験終了!みんな頑張りました~!!

お次はイモ掘り!大物がゾクゾク...

続いては、後藤農園さんの男爵の畑でイモ掘り体験です。
土がやわらかいので、簡単に手で掘り返せます。
ru412.JPG

かなり、大物が!
ru413.JPG
自分で堀ったイモは持ち帰ります。
袋がずっしり重くなるくらい、たくさん収穫できました!

玄米つかみ大会で大人も子どももハッスル!!
ru418.JPG

昼食前に、第1回の田植えで植えた「ななつぼし」を賭けての「玄米つかみ大会」!
米を箸でつかむのって、意外に難しくて・・・
応援団の声援を力に、選手の眼差しは真剣です!
ru419.JPG
1回目は、並み居る大人を退け小学5年生のまさひろ君が優勝!
食べ盛りの少年にお米を進呈!
本人より、お母さんが「本当によく食べるので...」と喜んでいました~。
「ばってん箸を直して来年リベンジする!」と言ってくれた少年もいました。

ゆでたてのおいもで、簡単いももち作り!

次はいよいよ、いももち作りです。
まず、ビニール袋に茹でたジャガイモを1人1個入れます。
ru416.JPG
そして、熱いうちに皮をむきます。
むきながらイモをつまみ食い...「おいしい!」
ru423.JPG
ここでみーやんからのワンポイントアドバイス。
おうちで電子レンジでイモを茹でる時は、半分に切ってペーパータオルを敷いて熱します。
そして、イモを入れたボウルの上から一回り小さいボウルで押し付けると、簡単に皮がむけます。
ru424.JPG
皮がむけたら、片栗粉大さじ1杯を袋に入れ、イモをつぶしながら混ぜてこねていきます。
だんだん、もちもちした感じになってきます。全体がまとまってきたら、形を作ります。
形を作ったら、油をたっぷりめにひいた鉄板で焼きます。
形や大きさ、みんなさまざまで個性的でしたよ~。
ru426.JPG
両面にこんがりと焼き色がつけば、焼き上がりです。
みーやんお手製のタレをかけていただきます!
このタレは、同量のしょうゆと砂糖を混ぜ、火にかけて砂糖を溶かして作ったもの。
たくさん作ってビンに入れて保存しておけば、肉じゃがや煮魚にも使えて便利だそうです。
簡単ですが本当においしい!と大好評でした。

炭焼き石鉄田むらさんの焼き鳥も、おいしーい!
ru427.JPG
いももちを堪能している間に、田むらさんの焼き鳥も焼けてきたようです。
まずは、手羽先!こんがりと焼けて香ばしいにおいがしています。
ru430.JPG

ru429.JPG
後藤農園さんのご飯、そしてじゃがいも、ネギ、みそを使ったみそ汁も、おいしいです!

農業体験して食べて...とっても楽しい一日でした!
ru431.JPG
参加者の皆さんにマイクを回して、今日の感想を話してもらいました。
いつもは大人が話すのですが、今回は、子どもたちがマイクを手にして話してくれました。
「稲刈りとイモ掘り楽しかった!」
「おいしいものたくさん食べた!」
「また来たいです!」
みんなしっかりお話できて、大人たちも頬がゆるんでいました。
特に、「ありがとうございました!」としっかりお礼を言ってくれた子もたくさんいて、とっても感激でした!

ru434.JPG
最後は大根収穫も!
地面に顔を出している大根を見て、大きな大根を見極めて引っこ抜きます。
「よいしょ!」
ru435.JPG
というわけで、今回も好天に恵まれ、楽しくおいしい体験となりました。
終わった後、参加者の方から「家でいももちを作りまくっています!」といううれしい報告も。みーやんが教えてくれる料理が、簡単でおいしくお家でも再現できることも、るるる♪キッチンガーデンくらぶの良いところです!

次回は、11月11日に開催予定
次回は卵磨きを体験し、オタフクソースさんの提供でお好み焼き作りに挑戦します!
手作りのお好み焼き、みんなで食べるとおいしいでしょう!楽しみです。

るるる♪キッチンガーデンくらぶ とは?

るるる♪キッチンガーデンくらぶは

2012年春に誕生した
石狩・札幌のおいしい食材、素晴らしい生産者とつながり、自ら農業体験と料理教室を毎月1回実施し食と農を楽しむ会です。

毎月一回、生産者のもとをお邪魔し、農業体験をさせていただき、
さらに自分たちで野菜をたくさん育てている畑に行き収穫などの農作業を行い、
その後、料理教室を行って皆で美味しく食べるというイベントを行っています。
毎月参加者は募集しますので、もしよければぜひご参加ください。

札幌の隣町、石狩市は、様々な農・水産物の宝庫です。
札幌圏の人たちは、札幌・石狩・江別など札幌圏の生産者や食材との触れ合いがちょっと少ない気がしませんか?
るるる♪キッチンガーデンくらぶは、札幌圏の皆さんと楽しく、美味しく、汗をかきながら活動していきたいと思っております。


【主催】るるる♪キッチンガーデンくらぶ(代表はクッキング講師 木村光江(みーやん))
【共催】株式会社丸三ホクシン建設 イネスホーム株式会社 ジョイフルAK
いしかり食と農のカレッジ運営委員会(石狩市)
【事務局】株式会社北海道住宅新聞社編集部栗原


美味しくて
楽しくて
嬉しい会にしていきたいので、皆さんご参加よろしくお願いしますm(__)m

このページの先頭へ

協力企業・団体

るるる♪キッチンガーデンくらぶは、協力企業・団体の皆さまによって支えられています。