るるるキッチンガーデンくらぶ ホーム > 耕してマルチして苗植えてトンネル。家庭菜園も基礎をしらないとおいしい野菜を作れない!

耕してマルチして苗植えてトンネル。家庭菜園も基礎をしらないとおいしい野菜を作れない!

るるる畑 |  2012.05.22

野菜作り開始!

先週末ですが

るるる♪キッチンガーデンくらぶの畑で、農作業やってきました!

6月10日に行う第1回イベントは田植えとジンギスカンなので

それとは別に、5月末ということで苗を植える作業もやりたかったわけです。

そこでみーやんと、管理栄養士のあべちゃんと、以前同僚だった大輔君と

私とで農作業をやることに・・・。
指導3.jpg

農業専門技術員の小亀哲雄さんに御指導いただきながら・・・

そしてさらに、映像撮影のプロの渡部さんチームのお二人。総勢6名。

まず朝一にスポンサーとしてご協力いただいているジョイフルエーケー屯田店さんに

おじゃまし、苗200個位と種などを購入!

石狩市樽川97-11にある農園に向かいました。

美味しい野菜を作りたいですか?

小亀哲雄さん「皆さんはおいしい野菜をたくさん作りたいですか?」

小亀哲雄さん「収獲も美味しさもほどほどでもいい。家庭菜園を体験できればいい」

小亀哲雄さん「どっちですか?」

一同「美味しい野菜をたくさん作りたいです!」

小亀哲雄さん「そうですか。ではこの段取り、道具ではダメです」

一同「えっ?」

農業指導スタート

さあそこから大変です。

角型スコップは雪かき用。剣先スコップが農作業用。レーキも必要。

機械で耕してある畑でしたが、もっと耕して土の塊が無くなるまで耕さないとダメ。
指導2.jpg

必要分のマルチはあったものの、支柱とトンネルが足りず。

苗を植える時に大事なのは植える時期。

札幌圏の5月中旬だとまだ苗を路地で植えるのは早い。

寒さなどで苗の初期生育が不良だとあとでどんなに頑張っても美味しい野菜はできない。

だからほぼ全ての苗をマルチだけでなくトンネルしてあげないとダメ。

苗一個一個を米袋で囲う方法もあるが光の透過の面ではあまり良くない。
指導4.jpg

市民農園レベルなら、狭いからいいが、こんなに広いなら線引き用のトンボが必要。

(小亀先生にお借りしました)

苗と苗の間隔を60センチにする、肥料はどれくらい必要か・・・

こうした指示をいただいて早速私どもはジョイフルエーケーに戻った次第。
指導5.jpg
耕し方から苗の植え方、マルチをぴったり張る方法に至るまで

詳しく教えていただきました。

私は数年間家庭菜園をやってきましたし、実家は余市のブルーベリー農家ですが

改めて勉強になることばかりでした。

現状300近い苗が植わっていると思います。

この畑はるるる♪キッチンガーデンくらぶの皆と守り育てていきたいと思っております。

お知らせ
2013年度から石狩市花畔で新るるる畑♪オープンします。
石狩市役所からは車で5分、札幌市麻生駅からは20分位でしょうか。


家庭菜園や野菜作り、有機栽培などに興味はあっても、
日々の雑草借りなど畑の手入れをまめにするのは忙しくてムリ!といった方も、
週1、あるいは2週に一回でも、スタッフが雑草狩りなどを手伝うので大丈夫!
好きな野菜を育てることができます。

共有スペース以外に、自分だけ、あるいは家族単位で管理するスペースが欲しいという方は若干の参加費を別途いただきますので、その点も含め
興味ある方は
http://rkgc.jp/article/20130503171833.html
までお問い合わせお願いします。

このページの先頭へ

協力企業・団体

るるる♪キッチンガーデンくらぶは、協力企業・団体の皆さまによって支えられています。