るるるキッチンガーデンくらぶ ホーム > シニア世代のパワーに驚いた4ヶ月間

シニア世代のパワーに驚いた4ヶ月間

スタッフブログ |  2013.09.17

私、事務局員栗原・・・。
つい先日誕生日を迎えて「俺もいよいよ40か」
とつぶやいたところ「41ですけど・・・」と家族に言われ絶句!
40歳の1年間、39歳のつもりで過ごしてしまいました・・・。

ところで、今の60代以上はとても元気で挑戦心にあふれた人が多いとしみじみ感じました。というのも・・・・約4ヶ月間、ある雑誌の取材で
「シニア世代が活躍するまちづくり」という特集テーマで、全国各地、様々なシニア世代の方々の取り組みを勉強させていただいたのです。
p13.jpg

今回は・・・・
富良野→ファーム富田の元専務が「老年学」を学び実践。
白老→有名な「山菜料理の店グランマ」
赤平→引きこもりがちなシニアに楽しい運動の機会づくり
新潟→民家に住民が気軽に集い、交流する「地域の茶の間」
富山→シニア世代が農業体験を求めて限界集落に集う「農援隊」
留萌→高齢者が自ら衣料品店や老人ホームを運営
小樽→シニアが自ら70種類もの講座を開講
東神楽→世代を超えた地域住民の活動拠点をシニアが運営
伊達→シルバー人材センターがアロニア栽培などの自主事業に挑戦

そして、
東大政策ビジョン研究センターの宮内康二特任助教、
北星学園大学の杉岡直人教授
にも貴重なご提言などをいただきました。

特集以外にも、
磯焼け対策に奮闘する神恵内村、
町内に道南随一の秘境を見いだし、着地形観光を軌道に乗せつつある知内町
2度の震災を経て、隣町も助ける防災力を備えた宮城県栗原市

などなど、面白い取り組み満載です。

ライターさん、デザイナーさん、発行元など皆さんの力を借りて
今回も何とか・・・必死の思いで発行に至りました。

全文ネット上でも読めます。
http://www.do-shinko.or.jp/seisaku/upload/201309031378172666.pdf


るるる♪キッチンガーデンくらぶの参加者の中にもシニア世代の方はたくさんいます。
スイカの育て方とか料理のこととか、いろんなことを教えてもらっています。

るるるキッチンガーデンくらぶはまだスタートして2年。
今後どのような形で成長すべきか、まだまだ悩み満載ですが、
世代を問わず、地域の食と農、暮らしの豊かさを体験し、
皆で楽しめる場にしていきたいという思いでいっぱい。
シニア世代の方々のお力をもっとお借りしたいなと思っております。


このページの先頭へ

協力企業・団体

るるる♪キッチンガーデンくらぶは、協力企業・団体の皆さまによって支えられています。